– Interviewing –風俗の面接に受からない!?

「風俗は最後の砦、人間関係や借金で苦しんだあげくに到達する場所」どうせ風俗だし私でも働けるでしょ♪
そんな安易な気持ちで面接に挑んだら
…まさかの

面接で落とされた!!!

近年では真面目に働いててもブラック企業やサービス残業が当たり前…などで貧困にあえぐ若年層が増えています。そのため、思い切って風俗に転職する人も少なくありません。
また勤務時間などに自由が効くため、週1勤務などで副業として働く人、シングルマザーとして頑張る人、掛け持ちフリーターなど様々な人が風俗で働くようになったため、実は面接のハードルも上がっているのです。

面接に受からない理由

  • デブはお呼びでない!?

     風俗のホームページを一度覗いてみてください。どの女の子も細い子ばっかりですよね。
    お腹の肉がパンツに乗ってるなんて言語道断!二段・三段腹なんてありえません。太ももだって、ちゃ〜んと隙間があるのがあたりまえ。
    男性はぽっちゃりが実は好きなんだ♪って言ったって、女子の思うぽちゃりとは次元が違うというのが現実…
    お店によってはデブどころかぽっちゃりラインからアウト!というところもあります。

  • 細すぎもNG?

     風俗も水商売もデブは当然受からないだろうけど、まさか細すぎて落とされるとは思わなかった!?
    近年ではダイエット広告やモデルに影響されてか、極端に細すぎる女性が増えています。男性がぽっちゃり好きと言われるのはこれが原因です。つまり「ぽっちゃり好き」ではなく「細すぎる女子がNG」なんですね。
    とくに風俗のお仕事は脱ぐ必要があるので、細すぎるとどうしても「不健康そう」に見られてしまいます。
    お客様ウケの悪い不健康そうな子はどうしても面接でも落とされがちです。

  • やっぱ、ブサイクだから…

     夜のおしごとをしてる子って「カワイイ」子ばっかりですよね。
    美人でもなければ可愛くもない、ましてやメイクをしても普通以下な場合はやっぱり面接には受かりにくい。
    ブスに生まれたくてなったわけじゃないのに、こればっかりはどうしようもない…。整形したくても、そのお金を稼ぐための風俗の面接すら受からない。そんな悩みを抱えている女性もたくさんいます。
    残念ながら、不景気の昨今では風俗店にも普通に綺麗な子が面接に来るようになってしまったため、顔面カースト最下層のブサイク女子の需要は非常に少ないのが現実です。

  • 若くないとダメでしょ?

     昔は風俗なら誰でも受かるってイメージだったのに…。店によっては30前半でもダメってどんだけ(笑)
    人妻店とか年齢層の高い嬢専門のお店もあるみたいだけど、なんかおばちゃんに囲まれて働くのは嫌だ…。でも普通に若い子向けのお店に面接に行ったら、あっさり落とされちゃいました><なんてこともあります。
    風俗店は場所によっては居酒屋よりも多い昨今、色々とカテゴリ分けしていかないとお店側も稼げないのが現状です。自分に合ったお店にを選ばないと、アナタのプライドを傷つけることも!?
    アラフォー・アラフィフでも働けるお店があるのでそういったお店を選びましょう。

  • 傷跡は消せないのに…

     妊娠線・手術痕・リスカ跡 その他様々な理由によって身体に刻まれた傷跡。
    そのほとんどが不可抗力で消せないものなのに…。でも、実際に自分がお客様の立場だったら、大きな傷跡を見せられたら絶対に痛そうでプレイどころじゃないですよね。また、場合によっては不衛生にも感じるかもしれません。リストカットなど故意につけたものともなると、その人の人格すら疑い始める人もいます。
    風俗は肌を密接させる最高峰のサービス業です。たったの1時間に1万以上ものお金を払うからこそ、それなりの対価を求められてしまいます。

  • タトゥーは怖い?

     海外ではオシャレの一貫として定着しているタトゥーですが、日本ではまだまだ「刺青」のイメージが拭えません。とくに、風俗に遊びに来るお客様世代はまだまだ頭の硬い世代が大半。比較的若い世代ですら、「タトゥーを入れてる子はヤンキー」などといったイメージを持っています。そのため肌を露出する風俗では、ちょっと大きめのタトゥーを入れているだけで面接でも落とされるということが多々あります。
    仮に受かったとしても、パネルやホームページ写真ではタトゥー部分は修正加工されて消されているという場合がほとんどです。

  • オタクへの偏見

     一昔前と比べて「オタク」文化にはかなり寛容になった世間ですが、お店や経営者によっては未だに偏見の目で見られるところも少なくありません。
    風俗や水商売といった夜のおしごと業界では、華やかな女性像を求められることが大半、そのため女子力を磨くことよりも他に力を入れてしまう女性には向かないのでは?と思われることも。また、お客様はお店のスタッフよりも更に年齢層が高い方が大半なので、もっと偏見を持っている方もたくさんいます。

  • 人見知りで第一印象最悪

     風俗といえども面接は面接。最初の印象が大事なのは言うまでもありません。
    人見知りの激しい人にとっては、最初の関門であり最大の難関ですよね。その第一印象が最悪だった場合、いくら顔立ちが良くてもオシャレでも面接で落とされる可能性大です。
    風俗のおしごとは、毎日複数人の男性と1対1で接客しなければなりません。始めのうちは初対面の方ばかりだし、長年やっていてもその日1日一人も新規のお客様とは会わなかったといった事は少ないのが現実です。
    そんな業界では当然人見知りの激しい人はなかなかやっていけないと判断されてもおかしくありません。

  • コミュ障で喋れなかった

     人見知り同様に、初めて会う方と毎日何人も接する必要の出てくる風俗のおしごとでは、あまりにコミュニケーションのとれない人は面接の時点でアウトです。
    精神的に負担の大きいおしごとだからこそ、スタッフや他の風俗嬢とも待機中など密室で仲良くし、お店の空気を良くしておく必要があります。そのため、コミュ障な人は敬遠されがちです。
    風俗の面接といっても、意外にも根本的なところを見られているんですね。

  • 私、メンヘラなんです

     メンタルヘルスが派生して生まれたメンヘラという言葉ですが、一般的には精神疾患・精神障害を持った方を指しますが、もう少しライトな意味で恋愛などにおいて重度に面倒くさい女性を指したりもします。
    どちらにせよ、接客業である風俗は「疑似恋愛」を提供する場なので、「彼女にはしたくないタイプ」に見られてしまった場合にも落とされる可能性は高いです。
    でも、上手く隠して風俗で働くメンヘラ女子が多いのも事実です。

  • 顔出しできないとダメ?

     ホームページなどでは顔は出さないけど、実際はパネルなんかではがっつり顔出しになってる…というお店は実は多いんです。なので、面接の時点で顔バレを極度に嫌がっている場合には面接官に渋い顔をされる可能性もあります。絶対に顔出しNGでお願いします!と最初からお願いしていたとしても、どこにも顔を出せない結果お客様がつかなくて全く指名が入らない…といった事も多々あります。
    バレに関しては色々と対策をしてくれるお店も多いので、ある程度の妥協が必要かも?

でも、安心してください
激安でも稼げる風俗求人 PINK CHEAPなら

どんなアナタでも99%採用!!

PINK CHEAPでは、どんな女性でも99%採用します!
経験や容姿は問いません。太ってるから、可愛くないから、自信がないというそこのアナタ
騙されたと思って是非一度お問合せください。